学生アイデアコンペ2015

リノベーション×フリーダム

 
作品応募の受付は終了致しました。たくさんのご応募を頂き、ありがとうございました。

結果発表

最優秀賞

08_resize
氏  名:疋田 享孝さん
所  属:滋賀県立大学/人間文化学部 生活デザイン学科
タイトル:Chat Time
 
コンセプト:
私たちは人と会話するとき 相手との人間関係やその場の空気などにより 本来の自分が隠れてしまうことがあります。
たわいもない会話 内容が全くない会話など 相手と本来の自分がそこにいて初めてできる会話には 本来の自分が現れることがあります。
例えば 高校時代 友達との帰り道 コンビニの駐車場の縁石にたむろし ダベる 講演の花壇の端に座り ダベる
時間の無駄のように感じるかもしれないが 今振り返ってみるととても心が充実し なんとなくでも楽しかった という思い出とともに話がよみがえる
そのような誰にでもあった懐かしき日々を 暮らしの中でのひと時として形にしました 友人や近所の人を招き 気軽にどこでも座り込んでもらい そしておしゃべりをする この部屋から またくだらない話が始まるのです。
 

優秀賞

01_resize
氏  名:仁賀 果林 さん
所  属:京都女子大学/家政学部 生活造形学科
タイトル:「らしい」住まい
 
コンセプト:
自分らしい、あなたらしい、家族らしい、「らしい」を繋ぐ住まい
家族にはそれぞれのカラーがあります。新しい住まいを探す際、自分達の住まう空間は自分達の手によって彩らせたい。そんな想いを胸に住まいを探しておられる方は大勢いらっしゃることと思います。
そして、住まいの空間とは「時」によって求められるニーズが異なります。特に、個人と他人がともに住まう空間において重要視される「プライベート空間」、その時折に対応した住まいの実現を可能にする、入居者の自由の高い空間を提案します。
 

優秀賞

06_resize
氏  名:福田 隆賢 さん
     波多野 巧 さん
所  属:摂南大学/理工学部 建築学科
タイトル:ゆるやか に つなぐ
 
コンセプト:
この部屋には土間空間がある。この土間によって部屋同士を切り離す。
そうすることで、個人のプライベートは守りつつも、家族を程良い距離感で柔らかくつなぐ。そんな住まい方の提案。
 

選外佳作

09_resize
氏  名:尾澤 佳樹 さん
     関 将吾 さん
所  属:千葉工業大学/工学部 建築都市環境学科
タイトル:TAKEtion
 
コンセプト:
“竹”でつながった人々が”竹”の元へ戻る
今回の設計地である向日市には様々な竹林があります。ですが、放置竹林もあり「竹の径・かぐやの夕べ」など放置竹林で伐採した竹を資源として活用したりしています。
そこで、私たちの提案として施主が自治体と協力をして竹林保全を行い、竹林保全によって間伐された竹で403号室をリノベーションして住み良い竹の空間にしたいと思います。
また、住居の一部を地域に解放できるようにして、「竹の径・かぐやの夕べ」のイベントで使う竹細工の作成や、子供会で竹とんぼ作成などのイベントを開催や、地域の料理好きが集まりタケノコ料理を作ったりできる場としての空間ができれば良いなと思います。
そうすることにより地域に根ざし、親子から子へ、子から孫まで地域と関わっていけるようになると考えました。
 
 

テーマ

今後の住宅産業において需要が高まると予想されるリノベーションは、コスト制限に加え構造や開口部による空間制限など多くの制限があります。しかし、そういった制限は新たなデザインの要素ともなるため、柔軟で自由な発想によって魅力溢れる提案になると思います。
本アイデアコンペでは、優秀賞に選出された作品を実際に施工し居住を行います。ぜひ革新的で魅力溢れる提案をお待ちしております。
求める要件として、地域コミュニティーを実現し、地域に根ざし永く住み継ぐ住まいをつくるためにも、設備や内外装の刷新だけにとどまらない、新たな住文化を創出し地域環境に則したリノベーション計画により、建物の資産性を向上できるようなアイデアを募ります。

 課題となる土地・建物のは、京都府向日市寺戸乾垣内5-2 に所在する旧麒麟麦酒社宅です。
 このコンペが建築家を目指す学生にとっての登竜門となり、また「地域環境に則した住宅と地域コミュニティー」を考えるきっかけになることを願っています。
 

日程

応募作品締切日 2015年4月30日(消印有効)
審査      2015年5月中旬(非公開)
表彰式     2015年5月下旬
実施設計打合せ 2015年6月以降〜

●最優秀賞 プラン実現(事業者・設計者と協議致します)、表彰、金一封(3万円) (1点)
●優秀賞  表彰、金一封(2万円) (2点)
●入選   表彰 (該当あれば)

提出物

●応募用紙
必要事項を記入し、作品の裏面に添付して下さい。
●応募作品
説明文、平面図、配置図、断面図、その基本的考え方の透視図もしくは模型写真、その他詳細図など設計意図を表現する図面。縮尺はいずれも自由。
※A2版(594×420mm)
CAD、青焼き、鉛筆、墨入れ、着色、写真貼付などは自由
※作品のパネル貼付は不可
※メディア(CD-R等)での応募は不可

応募用紙

こちらから応募用紙をダウロードしてご使用下さい。

参加方法

事前登録を行って頂き、応募用紙と作品をお送り下さい。
事前登録は応募用紙の事前登録記入欄にご記入の上、メールにてお送りください。

メールアドレス: info@kyo-kura.or.jp

現況の写真と図面

現況の写真と図面はこちらからダウロードしてご使用下さい。

審査員

 
【特別審査員】
 
安田 利宏
   有限会社ランドサット 代表
 
宗本 晋作
   立命館大学理工学部 准教授
 
【審査委員】
 
波夛野 賢
   NPO法人 京都くらし方研究会 理事長
   株式会社リヴ 代表取締役社長
 
NPO法人 京都くらし方研究会 コンペ審査会メンバー

参加資格

関西圏の大学院、大学、高等専門学校、専門学校、高校で建築を学ぶ学生で、提出締切日現在で在学中の方。

著作権の扱い

・応募作品は未発表作品に限ります。
・応募作品の知的財産権については当法人にすべて譲渡され、当法人に帰属するものとします。
・当法人は、いづれの応募作品も保存・記録し、無償で展示・掲載・改変・公表する権利を有するものとします。
・応募作品の権利に関するトラブルについては、当法人は一切責任を負わないものとします。
・応募作品は返却しません。必要な場合はあらかじめ複製をしておいて下さい。
・課題に関しての質疑応答はいたしません。規定外の問題は応募者の自由決定を可とします。

Q & A

Q.1 個人ではなく、グループでの応募は可能でしょうか?
A.1 可能です。グループ(複数人)でもご参加頂けます。
 
Q.2 現況の図面はありますか?
A.2 ただいま準備中です。3月6日までお待ちください。
 
Q.3 リノベーションフォーラムに参加していませんが、応募できますか?
A.3 もちろんご応募いただけます。多くのご提案をお待ちしております。
 
Q.4 事前登録をしていませんが、応募できますか?
A.4 もちろんご応募いただけますが、参加状況を把握するために出来る限り事前登録をお願い致します。

主催

NPO法人 京都くらし方研究会

送付先・問合せ先

〒615-8241
京都府京都市西京区御陵谷町38-6
NPO法人 京都くらし方研究会 コンペ事務局迄(株式会社 リヴ内)
tel : 075-393-2100

ページ上部へ戻る